■車両データ
  209系2000番代
  205系(5000番代)
  E231系(総武緩行線仕様)
  E501系
  E233系5000番代
  E721系

トップBVEデータ>E233系5000番代車両データ

E233系車両データ

最終更新:2019年3月22日

実車について

 E233系は、1999年度から首都圏に大量投入されたE231系車両を、さらに進化・発展させた車両として開発されました。そのため、E231系によって置き換えられなかった通勤型車両の201系、203系、205系、209系、近郊型車両の211系の置き換え用として主に製造されています。
 E233系の番代区分のうち5000番代は、京葉線(京葉線車両が乗り入れる外房線・内房線の一部区間、東金線の全区間、西船橋駅 - 南船橋駅間を含む)で使用していた201系、205系、209系500番代の置き換え用として、2010年7月1日から営業運転を開始しました(Wikipediaより)。


車両データについて

 京葉車両センターに所属するE233系電車のうち、10両固定編成で使用される車両と、6両編成と4両編成を併結し10両編成で使用される車両を想定して制作しております。
BVE5.7以降の版に対応しております。また、BVEでの使用に最適化させるべく、一部仕様を実際のものと意図的に違えております。

主なキー操作
機能 キー(デフォルト時)
ATS確認 S(Space)
警報持続 A1(Insert)
ATS復帰 B1(Home)
EBリセット A2(Delete)
定速/抑速 D(2)
窓拭器 K(9)

 保安装置プラグインはUnicorn氏(unic*)が公開されている「JR車向けATS (snp2.dll)」を、定速制御プラグインは同氏が公開されている「JR車向け定速装置(CSC5N.dll)」をそれぞれ使用させていただいております。また、これらを並立して動作させるため、Rock_On氏(みかんごーごー)が公開されている車両データ同梱の「DetailManager.dll」を使用しております。
 ※定速は速度が55km/h以上出ていて、かつ主ハンドル位置をP5にした状態でキーを操作することで動作します。
 ※抑速は速度が55km/h以上出ていて、かつ主ハンドル位置をNにした状態でキーを操作することで動作します。

スクリーンショット


SSの撮影には、舞姫氏が公開されている京葉線の路線データを使用しております。

指定路線データ

 舞姫氏(柏鉄道フォーラム)が公開されている京葉線路線データの使用車両としてご指定いただいております。舞姫氏のサイトへは当ページ上部コンテンツ欄、リンク集より御アクセスください。拙作をご指定下さいました舞姫氏には、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

ダウンロード

E233系一般形電車(BVE5版)

Windows Live へ別ウィンドウで開きます。

※2019年3月22日更新に伴う差分ファイルはこちら(1.92MB)